ユーチューブを副業として稼ぐには?片手間で稼げる5つのポイント

マーケティング

youtuber 収入

小学生がなりたい職業No1にもなったユーチューバ。『せんももあいチャンネル』や『かんあきチャンネル』など年間1億円以上を稼ぐ子ども達も出てきています。今ではスマホで簡単に動画を撮影できるため、とても夢のある話ですよね。そんなYouTubeを副業として「億とは言わなくても数十万稼ぎたい」なんて人も沢山るんじゃないでしょうか。そんな方々のために、YouTubeの稼ぎ方を仕組みから紹介していきます。

YouTubeと収入の仕組み

YouTubeの仕組みについて、「広告が配信されると収益になるのだろう…。」と、なんとなく分かってはいても、実際どんな仕組みで収益化するのか、分かっていない人は多いです。稼ぐ方法を紹介する前に、先ずはYouTubeで収入を得る仕組みについて理解しましょう。

収入が入るまでの流れ

YouTubeは、Googleの持つ広告サービス『Googleアドセンス』を経由して広告を配信しています。このYouTubeで配信される広告のことを『YouTubeアドセンス』と呼びます。

YouTubeアドセンスの配信は、動画をアップすれば自動で広告表示されるわけではありません。いくつかの条件をクリアし、広告を配信する設定をしなければならないのです。

配信の流れを簡単にまとめると下記のようになります。チャンネル登録1000人+年間再生4000時間突破の前提条件はなかなか大変ですよ。

  1. 動画を撮影する
  2. チャンネル登録1000人+年間再生4000時間突破の条件クリア
  3. チャンネル設定で広告をONにする
  4. 広告報酬8,000円以上を確定させる
  5. 翌月15日に口座へ振込み

YouTubeの広告は3種類

上で紹介したYoutubeアドセンスでは、広告の再生やクリックで報酬が発生します。この広告には3つの種類があり、それぞれの広告で報酬の発生ポイントも異なります。

インストリーム広告

youtube 広告位置 インストリーム広告

インストリーム広告とは、動画を見る前に配信される動画広告のこと。画面右下にスキップボタンが表示されるのが特徴です。

この広告は、動画を視聴するだけで報酬が発生しますが、少し厳しい条件が。報酬になるのは、30秒以上視聴するか、3秒後に表示される広告をクリックすること。

広告が流れても、30秒以内にスキップしてすまうと広告報酬にはつながらないため、この広告を表示させるときは、しっかりとした見極めが必要です。

オーバーレイ広告

youtube 広告位置 オーバーレイ広告

オーバーレイ広告とは、動画の下部に固定で配信されてる横長の広告のこと。この広告は、広告右上に表示される×ボタンで消すことができますが、消されてしまうと報酬は発生しません。

報酬を発生させるには、ユーザーがクリックして、広告主のサイトを表示させる必要があります。この広告、「みんな×ボタンを押すんじゃない?」と思いきや、意外とクリックされるんですよ。

サイドバー広告

youtube 広告位置 サイドバー広告

サイドバー広告とは、右サイドカラムの一番上に表示される正方形型の広告のこと。この広告もオーバーレイ広告同様に、クリックされなければ報酬は発生しません。

また動画とは離れた位置にあるため、ユーザーから認識されずらく、クリックがされづらいのも特徴です。しかし、動画の妨げにならない位置に表示されているので、広告を消される心配がありません。またクリックされた時の単価もとても良いんですよ。

一般的に稼げる年収は?

ユーチューバーの平均年収ってどれくらいか、気になりますよね?なんと、ユーチューバーの平均年収は600万円~800万円と言われているんです。めちゃくちゃ高い!

しかもこれは、ヒカキンが登場しだした全盛期ではなく、今現在の平均年収です。ちなみにトップ配信者から一般の配信者までを比較すると以下のようになります。

配信者ランク 全体の割合 登録者数 月間収益額
トップ配信者 1%未満 100万以上 500万円以上
有名配信者 14% 30万以上 100万円以上
マイナー配信者 24% 1万以上 20万円以上
一般配信者 61% 1000以上 0円~20万円

ランキングTOP5

  1. 月収約1100万円:フィッシャーズ
  2. 月収約900万円:キッズライン
  3. 月収約800万円:HikakinTV
  4. 月収約790万円:はじめしゃちょー
  5. 月収約630万円:東海オンエア

このように比較してみてみると、魅力的な平均年収600万円も、上位者の稼ぐ額が多すぎて参考になりません。恐らく一般だと10万円~20万円、副業の片手間であれば5万円~10万円程度が平均的な月収になるのではないかと思います。

YouTubeで稼ぐ5つのポイント

ここまで紹介してきたように、これからYouTubeで副業を始める人にはとても厳しい条件もありますが、それでもポイントを押さえればガッツリ稼ぐことはできます。マイナー配信者でも上手くいけば100万円近くの月収を得ることができるんです。

これから紹介する、1人でも多くの視聴者を増やすための5つのポイントを押さえれば、驚くほど再生回数は増えていきますよ。

1.人気のジャンルに絞る

YouTubeでは、色々な動画を流して一発当たれば大金持ち……なんてことはありません。ユーザーが食いつく人気のジャンルがあり、そのジャンルの動画に特化することが、稼ぐための第一歩となります。

何故なら、1つのジャンルに特化した動画を流し続けることは、ファンが集まりやすいから。このファンがチャンネル登録に繋がり、チャンネル登録者を増やすことで、ようやくYouTubeで広告配信をすることが可能となるのです。

ちなみに、人気のジャンルは以下のようなジャンル。下手なマイナージャンルを攻めることで他の配信者と差をの付けるよりも、このジャンルで差をつかたほうが、絶対に稼ぎやすいですよ。

  • 猫やペットの動画
  • レクチャー動画
  • 食レポや料理の動画
  • 買ってみた動画
  • 物作り動画

2.動画編集

配信する動画は、撮っただけの動画を垂れ流しで配信するのも無しではありません。…が、ダラダラと流れる長い動画は視聴者を飽きさせてしまいます。

『カット』『テロップ』『拡大縮小』、この3つの編集を上手うことで、ユーザーが見やすく、楽しめる動画を作ることができるんです。また、ゲーム実況をする人は、ゲームの画面と自分の顔を分割して、2箇所同時に映す編集も必要です。

3.サムネとタイトルを工夫する

YouTubeでは、いくら内容が良い動画でも、サムネやタイトルに引かれなければ、そもそも見る気になりません。ユーザーが見ているYouTubeの画面に自分の動画が表示されたとき、いかにユーザーの目を引くかが勝負です。

タイトルは読み始めにインパクトを持たせ、簡潔に分かりやすくしましょう。そしてサムネイルにもテキストは必須です。短い文章でありながら、このシーン面白そうと思わせるサムネイルを入れることで、1PVでも多くの再生を獲得することができます。

4.SNSでプロモーションする

YouTubeでの活動範囲は、YouTubeの中だけではありません。SNSによるプロモーションは、とても有効なんです。TwitterやFacebookで動画を拡散してもらうのはもちろん、動画内では表現できない自分の個性を発信することができます。

特に有効なのがチャンネル登録者数のアップ。YouTubeでは、見られづらいプロフィールの中か、動画の最後でしか、チャンネル登録のアピールはできません。しかしSNSを使えば、沢山のメッセージと共にアピールができるんですよ。

5.YouTubeSEOを学ぶ

YouTubeSEOってなんだ!?と思う人は多いです。アフィリエイトブログを運営している方は、SEOについてよくご存知だと思います。YouTubeにも、GoogleやYahooと同じようにSEOがあるんです。

YouTubeSEOをざっくり言うと、投稿した動画をより多くの人に表示させるための手法のこと。SEOは検索エンジン最適化と呼ばれ、WEBで検索したときに自分のサイトが上位に表示する対策です。

YouTubeでも同じで、タイトルや説明文を工夫して、YouTube本体から「この人の動画を沢山表示させよう」と思わせるように対策することができます。この方法をしっかり学べば、YouTube内だけでなく、Googleの検索結果にも自分の動画を乗せることができるんですよ。

YouTubeで副業するときの注意点

YouTubeは動画の投稿で誰でも稼ぐチャンスがある一方、リスクも孕んでいます。特に「会社にバレたくない」なんて人は注意が必要ですよ。

バレたくない人がいるなら顔出しはNG

youtubeの配信者であることを誰にも知られたくないとき、顔出しは絶対にNGです。「マスクをしていればわかんない」なんて甘い考えは捨てましょう。

例えあなたの上司が気づかなくても、その身近な人が気付き、いつの間にか会社中に広まっていた…なんてこともあるんです。そして、顔が写っていれば、特定されたとき、もう言い逃れできません。

初めてYouTubeをするのであれば、できる限り顔を出さないで配信することをおすすめします。

公務員だけど副業でユーチューバーはOK?

これはとても難しい問題。公務員がユーチューバーをして良いか悪いかは、「怒らないから正直に言ってごらん」と同じ感覚です。

分かりやすく言えば、ダメという規則は無いけど、バレた時に処分の対象となる可能性が高いです。それは、公務員に定められた『信用失墜行為の禁止』『職務専念の義務』という公務員法があるから。

これは「副業をしてはいけない」「SNSで動画を配信してはいけない」と書かれてはいません。しかし、公務員としての信用を無くす行為はNG、職務に疲労による支障をきたす行為はNGとあるように、自分ではどちらも守ってやっていると思っていても、周りからはそう見られない曖昧な定められ方なのです。

「公務員は副業禁止」と言われる世の中で、全世界に配信されるYouTubeを副業とするのはリスクが大きいですよ。

まとめ

YouTubeはとても巨大な動画共有サイトになり、今ではそのプラットフォームを使って大金を手にする人達が大勢います。しかし既に飽和状態なのも事実。億を稼げるのはほんの1%にも満たないのです。そんな中でも、YouTubeで稼ぐ人達が新たに続々と出てきているのも現実。

今でも稼ぐ人達は、ジャンルの絞り込みや、YouTubeSEOをしっかり活用して、10万円・50万円・100万円と大きな金額を手にしています。今回紹介した5つのポイントをマスターすれば、副業・片手間でもきっと大金を手にすることができますよ。

マーケティング

Posted by nishida