SEOとは何?子供でも理解できるようにSEOを擬人化して説明

サイト構築

今日は、私たちが実際に行うSEO施策に関連する話題です。

最近よく、クライアント様やパートナー様によく聞かれる質問があります。
それは「どうやったらGoogleで1位が取れるの?」ということ。
首位が取るための方法は、世界中のSEO業者が気になる話題ではないでしょうか?

そこで提案するのが「擬人化SEO」です。
「え、そんな手法があるの?」と気になったあなた、ググっても無駄ですよ。
僕が提唱しているだけなんで(笑)

冗談はさておき「どうやったら1位が取れるのか」、言い換えると「どんなページなら1位が獲得できるのか」を考えるとき、擬人化はとても使えるメソッドなんです。

ここでは擬人化をテーマに、SEOに理想的なページがどうなのかを考えてみましょう。SEO初心者を対象に執筆しますが、SEO熟練者でもぜひ参考にしていただきたいと思います。

スポンサーリンク

SEOとは、世界で一番の専門家決定戦!

世の中には様々なSEO施策が点在しますが、求めていることはたった一つです。
それは

「世界で一番詳しいページ」であることです。

擬人化的に言えば、世界中でその分野の第一人者(文字通り!)になっている専門家が、検索結果の1位になるわけですね。

SEOの用語解説は、こちらのページでしています。小難しいことを知りたい方はこちら。
SEO(検索エンジン最適化)とはなにか?SEOの考え方とやり方まとめ。

専門知識を知っているだけが「専門家」じゃない!

では、検索エンジンが第一人者という人は、具体的にはどんな人なんでしょうか?

ただ専門知識や専門用語を知っているだけで、専門家と言えるでしょうか?

違いますよね?

例えば「家電について詳しい人」をイメージしてみましょう。
専門知識として、家電の型番を詳細に覚えている人を「家電に詳しい人」と言うでしょうか?

テレビなどのメディアで見かけるような家電芸人は、そんな感じじゃないですよね?

「この家電は、〇〇が新しいんです」
「このメーカーはちょっとマイナーなんですけど、こんな特徴があるんですよ?」

なんて説明されると「あ、この人詳しいんだな」って思いますよね。

世界で一番の専門家はどんなページさん?

もっと具体的に見てみよう

例として、家電芸人を例にするよ!

その分野の専門用語を使ってる

専門用語=詳しいじゃない。って上でも書いた。

専門知識を、検索者(まだ知らない人)に分かりやすく教えてくれる人。

その分野の最新情報を知っている

最新情報や先進的な情報にも通じてる人って、あぁ詳しいな!って思うよね。

その分野に関する話題が多い

特定の情報を知らないと、「あ、この人詳しくないんだ」って思うよね?

ニーズに対する答えを知っている

いざ家電が欲しい!でも「いや、僕は家電を売ってる店は知らないですね。知ってても教えないです」

物の「良しあし」を知ってる

どれがどういいのか?

ファン歴が長い人のほうが、詳しいっぽい

にわかファンって多いですよね。

資格を持っている

本職にしている人のほうが、専門家っぽいよね。

実際に経験がある人

実績だったり、「経験したことのある意見」は重視されやすい。

素性が分かってる人のほうが、信用できる

覆面より、顔見世。偽名より本名。

具体例をもって説明できるか?

家電の具体的な商品名(電子レンジ、冷蔵庫など)や、ブランド・メーカー名(SHARP、SONYなど)などを紹介できているか。

SEO上位のページさんは説明も丁寧!

SEOはテキストライティング大事。SEOにおいてテキストは根本であり究極のコンテンツだから。

簡潔に、シンプルに、分かりやすく

これは話術にも通じる。

ひとページ、ひとテーマ。

何が、どう、を明確に教えてくれる

主語述語。

表現の幅が広い人

言葉での説明が分かりやすいだけじゃなく、イラストで図を描いてくれたり、身振り手振りで説明してくれたりすると、分かりやすくなりますよね。

相手にあわせて的確な提案ができる人

SEOはユーザーターゲティングが大事。家電がテーマでも、「使いやすい」か「最新さ」か、どっちを重視している人かで、変わるよね。

参考にできる情報ソースを教えてくれる

ページさんは人脈も豊富

いろんな人に「あの人詳しいよね」と言われる人

被リンク効果を、人間票に。

仲の良い専門家グループに所属している

家電芸人とかね。

世界一の専門家を育てよう!

専門家を育てるって考えると、大変だよね。

でもSEOってそんなことだとおもうよ!

サイト構築

Posted by サトウヂロウ