記事の出来をより良くするためのライティングテクニックをご紹介

2019年4月23日ライティング


ライティングの技術は「とにかく書いて覚える!経験を積め!」なんて事がネットの記事を読んでいるとよく出てきます。

果たして本当にそうでしょうか?確かにスピードは上がるかもしれません。しかし記事の質は上がるでしょうか?

ライターをしている方は納期もありますし、なるべく早く書いて数をこなしたいと思う方が多いと思います。しかし記事の質が高くない場合、どうしても一定以上の仕事を継続して受けさせてくれないという問題が立ちはだかってくるでしょう。

今回は初心者の方、又はある程度経験は積んでいるけどイマイチ納得の記事が書けていないと感じている方に向けてライティングのテクニックコツをご紹介していきます。

記事を書く前にすべきこと

記事は書いている時よりも書き始める前の準備の方が大事だと言えます。

準備もなしに書き始めると文章の方向性にブレが生じてしまい、質の低下に繋がると共に逆に時間のかかるライティングになってしまいます。

そうならないようにまずは書く前に十分に準備をしておきましょう。

誰に向けて書くのか(ターゲット層)

最も大事だと言えるのはその記事が誰に向けて書かれるべきものなのかということです。

ターゲットとなる人物、層を明確にしておくことでその人物が悩んでいる事やその人が知りたい情報を的確に伝えることができます。

また、ターゲットとなる人物の年齢層によって言葉の選び方も変えていくことでより共感の得られる文章を書くことができるでしょう。

例えば、若い年齢層に向けて書くのであればある程度崩した文章を心がけてみたり、逆に年齢層が高めの人に向けた文章であれば少し固めの文章にするだけでグッと読んでもらいやすいものとなるはずです。

検索意図を考える

次に検索意図について考えます。検索意図とはユーザーが検索したKWから読み取れるユーザーの感情や意思です。

例えば「9月 紫外線 気温」と検索するユーザーの検索意図はなんなのでしょうか?

この検索KWで検索をかけてきた人はいったいどんな情報を求めているのかというのは検索意図に対し非常に重要な意味を持ちます。

答えは「日焼け止め」になります。

普通「9月 紫外線 気温」というKWから記事を作成するのであれば、8月の紫外線がどれくらい強いのかや、平均でどれくらいの気温になるかなどKWに沿った情報を追加していくのですが、それだけではいけません。

このKWで検索する人が最も知りたいのは9月でも紫外線が強いのかどうかではなく9月でも紫外線、気温が高いなら日焼け止めがいるということです。

ここでは紫外線の情報や気温の情報だけでは足りない事にプラスして、この時期の紫外線について書いてあげることで検索意図を上手く読み取ったと言えるのではないでしょうか?

わかりやすく考えてみましょう。このKWを使って友達と会話をするとしたらどんな会話になるでしょう。

その時9月はまだ紫外線が強いことは話しても、紫外線の強さを具体的な数字で話したりとか、この季節の平均気温の話はするでしょうか?

普通なら、この季節まだ紫外線が強いなら「日焼け止め塗ったほうが良いかな?」のような会話になると思いませんか?

このように検索意図を会話の中から紐解いていくとKWを比較的出しやすくなります。

結局の所、文章は人間と同じで「気の利いた文章が書ける、できる」かで評価も変わるし、読み手の惹きつけにもなるということです。

例えば、今度の休みに映画に出かけようと誘われたときに、映画館に着いてから映画を決めるより事前に放映されている映画をチェックしておもしろそうなものをピックアップしてなんにするか聞いておいたり、その後に食事に行く事を想定してその近くにあるおいしいお店をリサーチする。

その人の好みを事前に聞いておいたり、どんな映画が好きかも聞いておける人は気の利いた人ですよね?

文章も同じで、いかに検索した人が考えそうな、悩みそうなものを先回りして解決したり導けるかが重要となるのです。

記事は冒頭文で決まる

記事を書く上で大事なのは冒頭分です。もちろん記事以外でも最初が大事とはよく言いますが記事に関しては特に大事だと言えます。

最初の文章でユーザーの気が引けていなければそこから先の文章は見てくれません。

その中でもわかりやすく、先に読み進めやすくなる文章の作り方をご紹介します。

それは、「共感」と「問題提起」と「結果」です。この3つの要素をまとめた文章にすることで、読み始めからユーザーを次の段落に進めやすくしてくれるはずです。

共感

共感を得る文章をまずは出だして入れていきましょう。

たとえば、肌に何かしらの悩みを抱えているような記事であれば「これから乾燥する季節になってきますが乾燥肌がひどい方は化粧水選びには特に気を使いますよね?」

のように、共感できる言葉を選んであげるだけで、惹きつける文章として書くことができます。

検索意図を意識してユーザーの抱える問題に対して共感を得られるような文章を心がけましょう。

問題提起

続いては問題提起ですが、これはユーザーが疑問に感じる部分についてこちら側から問いかけるものです。

例えば、「◯◯は本当に効果があるのでしょうか?実際に使ったことのある方の口コミや使い方から本当に使える商品なのか調べてみました。」

のように商品の良さの信憑性を疑問符として出しその疑問を今回調べていますよと明言することでその後の文章を読む理由につながっていきます。

結果

結果の部分ですが、これはプラス要素として考えていただきたいのですが、最初に結果を言っておくというものです。

疑問を投げかけたあとにその答えを先に書いてしまいます。その詳しい開設はこれから説明しますと書いてあると結果も先にわかるし、先を読んでみようという気になってくれるかもしれません。

いい文章を書くコツとは

ここでは、文章の質を上げてくれるコツをご紹介します。

文章を書く上で事前準備が大事だという事は上記した通りですが、せっかくいい準備が出来ていても文章の書き方自体がダメだと非常にもったいないです。

そもそも書いてある内容が相手に伝わっていないと意味がありません。無意識のうちに難しい表現を使っていたり、書いているキャラクターがブレてしまっているような記事はよく目にします。

自覚のある人は以下の点を心がけることで文章力に変化が起きると思います。

言葉はなるべくわかりやすく

どうしても記事を書いていると文章が難しくなってしまいがちです。専門用語は共起語としてseo的に有利になるので、関連した用語を多用するのは悪いことではありません。

今回の「わかりやすく」というのは文章自体のわかりやすさです。例えば「熟考する」と「深く考えてみる」では後者の方が誰にでもわかりやすく表現されていると思いませんか?

文章に知的さをつけたかったり、なるべく長く文章を持たせようとするとどうしても難しい単語を並べてしまいがちですが、これは逆効果です。

わからない言葉があると人間は読むのをやめてしまいます。記事の内容に沿った専門的な用語が並んでいるのはいいのですが、単純に難しい言葉が並ぶのはよくありません。

いい例が辞書です。「台風」を辞書で引くとこう書いてあります。

台風とは「南洋上に発生し、日本列島やアジア大陸東部を襲う強い低気圧」

この文章だけを見て台風だとはわかりませんよね?それよりも

台風とは「夏の終わり頃に多く、強い雨と風で私達の生活を苦しめるもので風の強さが約17/秒を超えるものを指します。」

下記文章なら子供でもわかるのではないでしょうか?難しい文章を書くよりもわかりやすいほうが伝わるものです。

語尾を統一させすぎない

同じ語尾を続けすぎるのはあまり良くありません。

同じ語尾が連続すると読んでいる方が単調になってしまい、読み進めにくくなってきます。

「です。ます。」口調で書いてほしいなどの依頼を受けて記事を書くことが多いと思いますが、言い回しはたくさんありますのでなるべく広く使い分けた書き方で書いていきましょう。

画像は最後に入れる

これはコツというより効率をあげるためのちょっとしたアドバイスになりますが、文章を書くのと画像を入れるのは別に切り離したほうが良いと考えています。

その方が効率が良くスピードも上がるからです。

 

まとめ

今回は以上になります。

文章力というものは時間が経てば勝手に身につくものではありません

誰に向けて書くのかや何を書くべきかを徹底的に考えられた文章は初心者が書いたものでもすごく読みやすく出来上がります。

もちろんスピードには慣れというものが必要なので、長く執筆をしていると早く書き上げることができます。

しかし、早く書き上げられたものかどうかは読んでいるユーザーさんにはどうでもいい情報です

問題はその文章がユーザーにとって意味のあるものであるか、役に立つものであるかです。

それではこれまで記事についてのコツを書いてきましたが、「私の書いた文章が、これを読んている記事ライターさんの何かの役に立つものである」事を願いつつ終わりとさせて頂きます。

 

 

 

 

 

ライティング

Posted by matsuzaki