【運営歴1年以上】アフィリエイトで稼ぐために見直す5つの問題

2019年8月2日アフィリエイト

1年以上アフィリエイトサイトを運営しているけど全く売上にならない。どうすればいいか見て欲しい。そんなお話を頂くことも少なくありません。このとき共通して見えてくるものがあります。1年以上運営しているのに収益に変えられない人は、これから紹介する5つの問題に注目し、改善してみてください。きっと変化があるはずですよ。

スポンサーリンク

1検索数の多いキーワードを狙っているか

運営数が長くても稼げていない場合、そもそもユーザーの導入が少ない場合が多いです。このとき多くみられるのが、検索数の少ないニッチなキーワードが流入の主流になっていること。

そしてその小さなキーワードで1位を取ろうと一生懸命狙っています。ニッチなキーワードを狙うことは間違いではありません。また、検索数の多いキーワードを取れば売上が上がる訳でもありません。

しかし、検索数の多いキーワードを取りに行かず、ニッチなキーワードが取れることはほとんどありません。そして検索数が小さいからといって、競合が少ないわけでもないんです。どんにニッチなキーワードでも、沢山の競合と戦っていると思って下さい。

2検索意図に沿ったタイトルか

どんなに沢山の記事を書いても上位表示できないとき、タイトルの構成を見直してみて下さい。ユーザーの検索に沿ったタイトルに最適化することで、検索順位は見違えるように伸びます。

タイトルを変更する前に、検索需要を調査し、ターゲットキーワードを明確にしましょう。そもそも検索需要の無いキーワードを狙っても意味がありません。そしてタイトルを変更するときに気をつけるポイントは以下の4点です。

この部分を補足です

  • ターゲットキーワードは間違いなく入っているか
  • ターゲットキーワードは極力タイトルの前方へ入れる
  • オリジナリティがあり、訴求力のあるタイトルか
  • 無駄な括弧や罫線で句切られていないか

3検索意図に沿った記事か

記事の内容はしっかり書いているのに、SEO上位表示できないとき、記事の構成にも注目してみましょう。

どこよりも詳しく調べて書いてある!誰にも負けない記事だ!と思っていても、記事の構成が悪いためにSEOで評価されない場合もあります。

記事の構成を見るときは以下の4点に注目してみましょう。

この部分を補足です

  • ユーザーの検索意図が記事の上部にきているか
  • 記事の上部に無駄な説明が長々と書かれていないか
  • 記事内容が後発で他サイトと類似していないか
  • オリジナリティのある画像や文章を盛り込んでいるか

4サイトの構造は整理整頓できているか

SEOを狙うサイトには様々なサイトがありますが、上位表示できないサイトの多くは、サイト内の整理整頓ができていません。

サイト内の整理整頓とはどういうことかというと、カテゴリ、見出しタグ、内部リンクが適切に配置されているかということです以下の点に注目して下さい。

この部分を補足です

  • 親カテゴリと小カテゴリは正しく配置されているか
  • 類似する親カテゴリが並列されていないか
  • 見出しタグは数字の小さい順に綺麗に使われているか
  • 集合記事と分散記事のリンクは繋がっているか

5コンバージョン地点は用意されているか

広告を入れるとSEOが落ちるからほとんど広告は入れていない。そういったサイトをたまに見かけますが、そのようなことはありません。広告が入っていても上がるサイトは上がりますし、落ちるサイトは落ちます。

適切な場所に、適切な広告を貼ることは、メディアを運営するにあたってとても重要なことなんですよ。そしてアフィリエイト広告を入れるときは、ユーザーへ「欲しい」と思わせることが大切です。

例えば、『商品詳細』と書かれたボタンがあるだけでは、ユーザーの反応はイマイチ。広告の特徴を良く調べ、ユーザーの目を引くキャンペーンを添えることで大幅に獲得がアップしますよ。

まとめ

アフィリエイトで稼ぐことができない人の多くは、SEOが上昇せず泣かされています。しかしそれは、検索意図に沿った対策が施されていないばあいがほとんど。

競合を調べながら、検索意図に沿った考え方や作り方をしていれば、SEOが落ちることはないんですよ。

アフィリエイト

Posted by nishida