会社を辞めたいならネット副業を本業にすべき!社会性皆無でも成功者に

マーケティング

会社を辞めたい理由は?

一重に会社を辞めるといっても人には様々な理由があります。理由次第では、今の会社を辞めても同じ道を辿ることも…。

または、転職して新しい会社で成功する人もいます。先ずは下記の項目をチェックして、自分が進むべき道を考えてみましょう。

    [A]会社に不満

  • 社風が合わない
  • 給料が安い
  • 会社が潰れそう
  • 良い転職先を紹介された

    [B]仕事内容に不満

  • 仕事にやりがいを感じない
  • 労働時間が長い
  • 評価されない仕事をさせられる
  • 向いていない業務

    [C]人に不満

  • 人間関係が上手くいかない
  • 理不尽な怒られ方をする
  • 媚びを売る人だけが評価される
  • 指示されるのが嫌い

    [D]自分に不満

  • 会社で大きなミスを犯した
  • お金を欲しいと思わない
  • もっと自分の可能性を試したい
  • タスクを上手くこなせない

転職して上手くいく人といかない人

あなたは上の表の[A][B][C][D]、どのタイプに多く該当しましたか?もしも会社を辞めたい理由が[B]もしくは[C]に該当するのであれば、何度転職しても、良い結果にはならないかもしれません。

何故ならば、[B]や[C]のタイプは自分自身に問題があり、社会の協調性に欠けている場合が多いからです。しかし、このタイプは少し特殊な面も。

一部の人では、1人になること、またトップになることで、協調性や統率力を発揮するんです。つまり、会社を辞めて起業し、正呼応する人が多いということ。

そん急に起業と言われても…と思いますよね。でも起業して人生が変わった人は沢山いるんですよ。

自分の世界がある人はネット副業から始めよう

仕事が合わない、人間関係が上手くいかないという人は世の中に山程います。最近よく問題になるのは、勤務後のノミニケーション。つまりプライベートで上司や同僚と飲みにいく時間です。

それが上手くできないばかりに、会社で孤立してしまい、仕事はしているのに正当な評価を受けないというケースもあります。これは集団行動を意識する企業であれば、仕方のないことなのかもしれません。

他にも、何の意味があるんだとうという会議や、上司が見るか見ないか分からない報告書の提出等など。「こんな仕事をしていて自分は評価されるのか」「会社の行政が落ちる原因はここなのでは」と思うことも少なくないと思います。

あなた個人で見た場合、その考えはとても正しいです。しかし企業として見た場合は、一個人の主張で大勢の輪を乱す、離反者としか見てもらえないことも。

自分の世界がある人は企業では芽が出ないことは多々あります。しかし、一度外へ出てみると、大きく成長する人が沢山いるんですよ。

もし今の世界から脱出したいのであれば、ネット副業から始めるのがおすすめ。自分の力で踏み出す大きな一歩となります。

ネット副業のおすすめはアフィリエイト

ネットの副業でおすすめしたいのはアフィリエイト。ノートパソコン1台あれば、誰でも始めることができます。

会社に勤めて、家に帰り、それからまた副業で仕事をするのは、正直辛いと思います。しかしそのアフィリエイトで培った経験は、今後どこへ行っても通用することでしょう。

またアフィリエイトで書いてきた1文字1文字は自分の財産であり、誰もが平等に評価するものとなります。これまで評価されなかった自分の気持ちは、ここで大きく変化することでしょう。

またアフィリエイトをしていると、TwitterやFacebookでのコミュニケーションが自然と出来てきます。これまで企業の中では上手くいかなかったコミュニケーションも、驚くほど広がっていきます。

副業で成功したら本業にしよう

ネット副業で成功するのはいつになるか分かりません。半年後、1年後、もしかしたら3年後になるかもしれません。しかし、始めるのが早ければ早いほど結果が見えてくるのも早いです。

「会社がダメだ」「辞めようかな」なんて愚痴や悩みを呟いている時間は正直無駄。1日でも1秒でも早く行動できた人が、自分の道を切り開けるのです。

そしてもし結果が出てきたのであれば、そのとき時期を見て本業へと移行しましょう。これまで囚われていた窮屈な時間がなくなり、驚くほど充実した時間を送ることができます。

ただし注意してほしいのは、自分を管理する人がいなくなるということ。この自由を手に入れた瞬間、失敗してしまう人も少ないないんですよ。

まとめ

もしも今、会社を辞めようと思っているのであれば、先ずは副業で自分の力をためしてみましょう。「会社がダメ」「上司がダメ」と言っていても、殆どの場合何かが変わることはありません。例え転職して環境が変わったとしても、また別の何かが出てきてしまうのです。

それならば自分で行動するのみ。

自分のために犠牲にする自分の時間は決して無駄な時間にはなりません。人が変わらないのであれば、自分から新しい環境をつくるべきですよ。

マーケティング

Posted by nishida