はてなブログの評判やメリットデメリットをアフィリエイター視点でバッサリ

2019年8月2日ブログ収益化

沢山のブログ作成サービス中でも群を抜いて評価されているはてなブログ。しかし最近ではWordPressが良いなんて声も多、どちらにしようか悩まれる方も多いことでしょう。

結論から言えば、はてなブログはとても使いやすい良いサービスです。しかし、メリットもあればデメリットもあります。

この記事では、はてなブログの特徴やメリット・デメリットだけでなく、ブロガー視点の発言も織り交ぜて紹介していきます。

スポンサーリンク

はてなブログの特徴

はてなブログ

はてなブログ(Hatena Blog)は、株式会社はてなが運営する無料ブログ作成サービスです。SEOが強く、サイト内にある独自のコミュニティ「はてなブックマーク」からも集客ができるため、多くのブロガーから指示を集めています。

ブログ利用時には、無料版と有料版を選択することができ、無料版を使えば、サイトURLの取得からサイト立ち上げまで、完全無料で行うことができます。

サイト内は白と黒をメインに統一されたシンプルで機能的なデザインであるため、サイト運営初心者でも用意に使うことができますよ。

ここがポイント

初心者でも使いやすい

独自のコミュニティがある

ブロガー同士の交流が盛ん

有料プラン切り替えがある

有料プランと無料プランの例

有料プラン 無料プラン
月額料金 1,008円 完全無料
広告の削除
独自ドメインの使用
カスタマイズ度
アップロード容量 3GB/月 300MB/月
保有可能サイト数 10サイトまで 3サイトまで

はてなブログの評判

無料ブログ作成サービスの中でも特に需要の多いはてなブログは、口コミを見ても使いやすいという評判が多数ありました。しかし、使いやすい反面、集客面やカスタマイズ度に限界を感じる声もありました。

そこでプロアフィリエイターの方の意見を参考に、はてなブログの評価を見てみることにしました。ブログの運営方法やSEOの集客方法を記事にする、有名ブロガーの方の意見を見てみと、はてなブログを使うよりも「WordPressを使うほうがおすすめ」という意見がほとんどでした。

基本的にはWordPressがオススメです。どうしてもWordPressが分からないなら、はてなブログやライブドアブログでも良いですが、勝手に広告が入ったりするのでご注意を。

引用元:manablog.org|manablog(マナブログ)

ある程度本気でブログ・アフィリエイトに取り組みたい人にはワードプレスがおすすめです!

引用元:hitodeblog.com|hitodeblog(ヒトデブログ)

なので個人的には、ブログでお金を稼ぐのであれば無料ブログではなくWordPressを強くおすすめします。

引用元:ebloger.net|ブログ部

こうして見てみると、はてなブログの使いやすいさは、これからブログを始める初心者には、とても有効なサービスです。しかし、本気で「集客したい」「収益を上げたい」となったときに、どうしてもWordPressへ移行せざるを得ないかもしれません。

結論、はてなブログはとても使いやすく良いサービスですが、今後目指していくサイトの規模によっては、はじめからWordPressで取り組んだ方が良いと思います。

はてなブログのメリット・デメリット

はてなブログを調べてみると、沢山のメリットとデメリットが現れました。もしブログを作成する方法に悩んでいるなら、メリット・デメリット、2つの特徴を比較して、自分に合ったブログの作成方法を選びましょう。

メリット

はてなブログは、その他の無料ブログサービスと比べても、とにかくメリットが多い。ざっと挙げただけでもこれだけのメリットがあります。

  • 完全無料から始めることができる
  • サーバーやセキュリティなどのインフラが強固
  • HTML(CSS)のカスタマイズが可能
  • 「はてなブックマーク」などサービス内から集客可能
  • 内部SEO対策がされており、検索上位に上がりやすい
  • 無料ブログサービスの中では強制広告が少ない

このメリットこそが、沢山のブロガーが集まる理由になっているんですよ。それでは、それぞれのメリットについて細かく紹介していきます。

完全無料から始めることができる

独自でサイトを運営しようとすれば、「ドメイン」や「サーバー」の契約が必ず必要になってきます。しかし、初心者から始めるのにこの契約は結構負担。

料金もドメインとサーバーの契約だけで、初期費用は5,000円ほどかかってしまいます。

また設定も面倒なため、作り上げる前に挫折してしまう人も。しかしはてなブログなら、独自ドメインを使わない限り、全て無料で難しい設定をせずにサイト運営を始めることができるんです。

サーバーやセキュリティなどのインフラが強固

はてなブログのサーバーは、全てのユーザーが平等です。「あなたは初心者だから容量が少ないサーバーだよ」なんていうことはありません。アクセス数が数十万あるプロブロガーでも、始めたばかりの初心者でも、同じ量のサーバーを使うことができます。

また”はてなブログ”事態のセキュリティーが強固なため、自力でセキュリティーを構築する必要もありません。

「記事がバズって急に沢山のユーザーが来た!」「サイトが何者かに攻撃されている」なんて事態にも対応でき、そのような心配すらいらないのは、とても凄いことなんですよ。

HTML(CSS)のカスタマイズが可能

はてなブログproと呼ばれる有料プランを使えば、サイトのカスタマイズはほぼ無限大です。ある程度のTHMLとCSSの知識があれば、WordPressとほぼ同等のカスタマイズをすることができます。

また無料プランであっても、見出しタグのデザインから、記事内に使う引用や吹き出しのデザインまで、投稿する記事のデザインであればほとんど全てを装飾することが可能です。

サービス内から集客可能

はてなブログでは「はてなブックマーク」ボタンや、「☆(いいね)」ボタンを押すことにより、ユーザー同士の交流が多く行われています。また、ある条件を満たすことにより、はてなブログの注目記事にも掲載されることがあります。

これは初心者にとってはとても嬉しい。SEOをやろうとすると、最初の数カ月はアクセスゼロなんて当たり前。しかし、はてなログの繋がりを使えば、初月で1000PV以上を目指すことも可能になります。

内部SEO対策がされており、検索上位に上がりやすい

はてなブログが沢山のブロガーに選ばれる理由は、検索エンジンへの内部対策が素晴らしいからでしょう。沢山の強豪ブロガーがWordPressを使っているにも関わらず、各方面ではてなブログの記事が上位掲載されています。

これはSEOの強さの実績と言えるでしょう。

沢山のブログを抱えるブログサービスにおいて、ここまでSEOに強いサービスは類を見ないかもしれません。SEOが強いのはブロガーにとって大きなメリットとなるでしょう。

無料ブログサービスの中では強制広告が少ない

無料ブログサービスが何故無料でサーバーやサイト運営の場所を提供できるのか。それは、ブロガーが作ったサイトの広告枠の一部を無条件で使用できるからです。

ほとんどの無料ブログ作成サービスはサイトの一番良い位置に沢山の広告が表示されてしまいます。しかし、はてなブログであれば上部に小さいバナー1つ、下部に大きいバナー2つだけ。さらに有料プランに登録すれば、広告を削除することも可能です。

この広告の少なさは、SEOを上げるときも、自分で広告を掲載するときも、とても良い働きをします。

デメリット

はてなブログのデメリットでは、無料プランで使える範囲を指摘される声が多く、有料プランではWordPressと比べて見劣りしてしまう部分もあるようです。ざっくりまとめると以下のようなデメリットが…。

  • 無料プランでは独自ドメインが設定できない
  • 無料プランではアドセンス広告が貼れない
  • 外観テーマの種類が少ない
  • 有料プランの価格が高い
  • h1タグが使えない
  • はてな運営の意向でサイトが消される

このようなデメリットで起こる不測の事態はどのようなものなのでしょうか。それぞれの内容を紹介していきます。

無料プランでは独自ドメインが設定できない

はてなブログでは、有料プランに登録しないと独自ドメインの設定ができません。これでは独自ドメインを使いたい時に、無料プランで積み上げてきた実績がほとんどゼロになってしまいます。

そのため、完全無料で使うのは、サイトの作り方を覚えるまで。それ意向は有料プランへ切り替えて運営するのが得策でしょう。

また、金額面でも、有料プラン1008円と独自ドメイン料を支払うのであれば、WordPressと大差がなくなってしまいます。ある程度の経験があり、実績を上げていきたいのであれば、初めからWordPressが良いかもしれませんよ。

無料プランではアドセンス広告が貼れない

無料プランでは、掲載できる広告にも制限が発生します。初心者がブログを始めるときの一番の収益源「アドセンス広告」が掲載できないのです。

そのため、最初の内はアフィエイトでコツコツ頑張るしかなく、収益が出ないことを見越して運営していかなくてはなりません。もし有料プランへ切り替えるのであれば、それはそれでお金がかかるので、とても考えものですね。

無料プランではテーマの種類が少ない

運営するサイトのデザインテンプレートとなる「テーマ」は、サイトの見た目を決めるとても重大な役割を果たします。しかし無料プランではそのテーマの種類も30種類程度しかありません。

また、TOPページも作り込まれていないため、オシャレなタイル型やサムネイル型のTOPページにすらできません。見た目が日記のようなブログになってしまうのは、最大のデメリットでしょう。

h1タグが使えない

サイトを構築していくときは、サイト名と記事タイトルを「h1」とし、記事内の見出しを「h2~h3」の入れ子で作っていくのが基本です。しかしはてなブログは、h1タグをはてな運営側のサイト名に使用しているため、ユーザに与えられるのはh2タグからとなってしまいます。

SEOが強いブログサービスとは言え、h1タグを使えないのは少なからずSEOに影響がでる恐れがありますね。

はてな運営の意向でサイトが消される

有名ブロガーのマナブさんも、はてなブログで運営を続けたサイトが削除され、WordPressに移転した過去を持つようです。

はてなブログPROを強制非公開にされたので、WordPressに引っ越しました

無料ブログ作成サービスで作るブログの全ての権限は運営元にあります。そのため、規約に反したり、何らかの指摘により急にサイトが閲覧できない状態に陥ることも。こういったリスクは大きなデメリットとなるでしょう。

まとめ

はてなブログは、初心者でも始めやすく、上級者にも馴染みのある無料ブログサービスです。インフラや機能が充実していることから、多くのブロガーに指示されています。

しかしWordPressと比べると、劣る点もちらほら。本気で収益を上げるブログを作りたいのであれば、早い段階でWordPressに移行しておくことをおすすめします。

ブログ収益化

Posted by nishida