アフィリエイトの仕組みを簡単に図解で説明

2019年8月2日アフィリエイト

広告代理店 ASP 関連するもの

ブログなどのWEBサイトで副収入を始める人が、必ずと言って良いほど通る道『アフィリエイト』。初めてWEBサイトで副収入を得ようとしている方は、「何故サイトを作るとお金が貰えるの?」「広告費はどうやって払われるの?」等など、沢山の疑問があるのではないでしょうか。そんな方のために、以下の3つのポイントをしっかりと紹介しつつ、アフィリエイトの仕組みを説明します。

  1. アフィリエイトの基礎
  2. 広告とお金の流れ
  3. アフィリエイトの始め方

スポンサーリンク

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトの仕組み アフィリエイト広告の流れ

アフィリエイトの仕組みを紹介する以前に、「そもそもアフィリエイトって何なの?」という方もいるかもしれません。アフィリエイトを簡単に説明すると、広告主の広告(商品)を自分の作ったサイトで紹介して、ユーザーに買ってもらう。その見返りに報酬額をもらう仕組みのことを言います。

それでは、上の図解を交えつつ、もう少し詳しく説明していきますね。

アフィリエイトってこいうもの

世の中には沢山の広告主がいて、色々な商品をユーザーに販売したいと思っています。そういった商品を広告主自ら販売していくのもひとつの手ですが、広告主だけの力ではどうしても限界が来てしまうのです。

そこで広告主は、広告代理店に商品の拡販を依頼し、広告を出稿していきます。ですが、広告の配信方法には沢山の種類があり、数百万円注ぎ込んでも1円も返って来ないなんていうこともザラです。

そういったリスクを無くすために、この商品を売ったら○○円を報酬額として代理店・メディアに支払いますよという配信方法が考えられました。この配信方法のことを『アフィリエイト』または『成果報酬型広告』と呼びます。

広告とお金の流れ

アフィリエイトは、ブログやWEBサイトを作り、そのサイトにユーザーを集客して行います。このサイトを作る人達のことをメディア(メディアオーナー)と呼び、さらに、アフィリエイト広告に特化したメディアオーナーのことを、アフィリエイターと呼ぶのです。

これから紹介する広告とお金の流れでは、このアフィリエイターが収益を得るまでの流れを説明していきますね。

1.広告主は代理店に商品を広告として出す

アフィリエイトは、広告の始まりとなる広告主が広告代理店に出稿することから始まります。広告代理店は、沢山の広告主とメディアオーナーを繋ぐ役割を果たしていて、広告主から依頼の来た商品を瞬時にメディアへと伝え、広告を拡大していくのです。

このときに、広告主と広告代理店の間で取り決めが行われ、「商品がどのように売れればいくらお支払いします」という確定がされます。この『どのように売れれば』は、広告主の商品や商品の販売価格により多種多様に変化してくため、色々な商品・広告を見て勉強していきましょう。

2.代理店はASPにに広告を登録する

ASPの内部

広告代理店は、広告主と確定した金額から『マージン』と呼ばれる紹介料を数%引いて、メディアへの支払い額を通知します。この通知に使われるシステムがASP(エ-エスピ-)です。Affiliate Service Providerの頭文字を取った名称ですね。

ASPには、広告主・代理店・メディアの3者がログインして情報を共有することができ、代理店がASPに広告・商品の情報や金額を入力すると、「新しい広告が入りました!」と、メディアへ通知されます。メディアはこの通知を見て、ASPにログインし、広告の情報や金額から掲載するかしないかを判断するのです。

3.メディアはASPから広告を選んで掲載する

ASPには沢山の広告が登録されています。どれくらい沢山かというと、1,000件とか10,000件とか、本当にいちいち数えていられないほどの数があるんです。

メディアはこの沢山の広告の中から、ジャンルやKWを絞って、自分のサイトに合った広告を探し、掲載していきます。広告の探し方はメディアにより様々ですが、よく利用される探し方は、報酬額が高い順に探していき、その中でユーザーが購入しやすそうな商品を選ぶ方法です。

選ばれた広告は、自分のサイトの紹介しやすい位置にバナーやテキストリンクを使って掲載していきます。掲載が終われば、あとはひたすらユーザーが購入するのを待つのみです。

4.ユーザーが広告から商品を購入すれば報酬発生

サイトに掲載された広告は沢山のユーザーの目に触れることになります。そしてその広告とサイトの相性が良ければ、更にユーザーの関心は高まるでしょう。あたなも経験ありませんか?自分の好きなサイトを見ていたら、興味をそそる広告があって、ついつい購入してしまったこと。まさにその状態になります。

広告に興味をもったユーザーが広告主の商品を購入すれば、成果の発生です。成果が発生すると、ASPのレポートにその詳細が表示され、即座に広告主が確認します。広告主の確認は数日で終わり、不正やキャンセルなどの、広告主の基準から外れた行為がなければ、ようやく報酬が確定となるのです。

アフィリエイトの始め方

アフィリエイトは誰でも簡単に始めることができますが、と~っても奥が深いです。ここからは、先ずはやってみよう!という方のために簡単なアフィリエイトの始め方を紹介します。以下主な手順です。

  1. ブログに登録
  2. サイト(ブログ)を作る
  3. 集客をする
  4. ASPに登録
  5. 広告を掲載する

1.簡単にサイトを作れる無料ブログに登録

はじめに言います。無料ブログは簡単にサイトが作れる代わりに、デザインのカスタムや集客がしにくいです。ですので、ひとまずアフィリエイトを始めてみたい!という方におすすめします。

無料ブログにはいくつか種類があり、有名なところでは『アメーバブログ』『ライブドアブログ』『FC2ブログ』『はてなブログ』などがあります。この無料ブログを使えば、ドメインを取得したり、サーバーを用意したりといった作業もなく、無料プラン内であれば完全無料でサイトを作ることができるんですよ。

2.ブログで自分のサイトを立ち上る

ブログに登録をしたらいよいよ自分のサイトを立ち上げます。どんなサイトにする?サイト名は?どんな文章を書く?などなど楽しみいっぱいですね!

立ち上げ方はどのブログも、専門知識がほとんど無くても作成できるようになっています。画面に表示されたボタンは、htmlやcssの知識がなくても、直感的に操作できる仕様になっているため、ボタンを触りながら、文字、画像・色・線などの入れ方を覚えていきましょう。

書いていくブログの内容は自分の趣味や日常の気になることをザックバランに書いてみると、とても書きやすいですよ。

3.サイトにユーザーを呼び込む

サイトを立ち上げても、ユーザーがいなければなんの意味もありません。ほとんどの場合集客はSEOと呼ばれるGoogleの検索結果上位を狙うのですが、これもここでは語りきれないくらい奥が深いです。

先ず始めるのであれば、Twitterやフェイスブックで友達の呼び込みから始めるのはいかがでしょうか。友達からその友達へと、リツイートやシェアで広がっていくこともあるんですよ。

ASPに登録してみる

サイトで記事数が溜まってきたら、いよいよASPに登録しましょう。登録するASPにも沢山の種類があり、それぞれのASPで特徴があります。健康食品に強いASP、広告の種類が多いASP、報酬額が高いASP等など。

いったいどれを選べば良いんだろう??となるかと思いますが、どれも無料で登録することができ、一切お金はかかりませんし、退会もすぐにできます。取りあえず登録するのであれば、国内最大手の『A8.net 』に登録しておけば間違いないかと思いますよ。※登録の際は、口座の用意も忘れずに!

広告を選んで自分のサイトに掲載する

ASPへの登録が完了すれば、1日~2日で承認が降りると思います。『承認が降りる』とは、「あなたのサイトは問題ないですよ」とう確認が終了したということですね。

承認が降りたら、IDとパスワードでASPにログインしてみて下さい。本当に沢山の広告が登録されていて、どれを掲載しようか迷ってしまいます。

右も左も分からない時は、興味のあるジャンルで絞り込んで、一番上の広告を選ぶのが一番です。しっかりと注意事項を読み、ASPの案内に従って広告を掲載するようにしましょう。

まとめ

この記事の内容を簡単にまとめると、アフィリエイトとは『ユーザーに広告主の商品を紹介して、購入された対価として報酬をもらう仕組み』のことです。この仕組には、広告主と広告代理店のASPとメディアが密に関係していて、ASPに登録することで広告を掲載することができます。

アフィリエイトを極めることは簡単なことではありませんが、始めることは誰にでも簡単にできます。先ずはサイトを立ち上げてASPに登録してみましょう。そこから全てが始まりますよ。

アフィリエイト

Posted by nishida