5秒でわかるGoogleアナリティクスの検索キーワードチェック方法

2019年8月2日SEO対策

アナリティクス キーワード チェック

サイトを運営していると、どんなキーワードで検索したでユーザーが訪れているのかや、狙ったキーワードの検索順位は何位どれくらいなのか等など、とてもきになりますよね。そんなとき活躍するのがGoogleアナリティクス。しかし、初めて使う人は、「登録してはみたものの検索結果を見る画面がどこにあるか分からない」なんていう人もいるはず。そこでGoogleアナリティクスの検索キーワードをチェックすする方法を5秒でわかるように教えます!

スポンサーリンク

検索ワードのチェック方法

簡単に書くと、Googleアナリティクスの検索キーワードのチェック方法は、以下の3ステップで簡単に行なえるんです!それでは画像を交えて詳細を説明していきましょう。

  1. 『集客』ボタンをクリック
  2. 『Search Console』ボタンをクリック
  3. 『検索クエリ』ボタンをクリック

1.集客ボタンをクリック

Googleアナリティクス 集客ボタンをクリック

先ずはGoogleアナリティクスにログイン後、『ホーム>集客』の順位にボタンをクリックして下さい。集客のボタンを押すと、プルダウンで次の項目へ進むボタンの一覧が表示されます。

ちなみに、この集客の項目内では、Google検索結果以外にも、どのSNSからユーザーが流入されたかや、どのページが沢山見られているかなど、流入先の情報を事細かに見ることができるんです。

2.Search Consoleボタンをクリック

Googleアナリティクス Search Consoleボタンをクリック

集客で開いたプルダウンの一覧から、次は『Search Console』というボタンをクリックしてください。そうすると、次も同じように、プルダウンで次の項目へ進むボタンの一覧が表示されます。

ちなみにこの『Search Console』は、SEO対策ツールSearch Consoleのことで、ここにはSearch Consoleで取得した情報が表示されています。

3.検索クエリボタンをクリック

Googleアナリティクス 検索クエリボタンをクリック

検索結果を表示するだけであれば、これで最後です。『Search Console』ボタンで開いたプルダウンの一覧から『検索クエリ』というボタンをクリックして下さい。

右側に検索サれたキーワードや表示回数などが表示されます。この項目がGoogleアナリティクスの検索キーワードの一覧となります。

検索キーワードの表示だけであればこれで終わり。しかし、せっかくなので、この項目の使い道や、もっと便利に使う方法をもう少し詳しく見ていきましょう。

4.日付を選択

Googleアナリティクス 日付を選択

検索キーワードの一覧が表示されたら、次は日付を選択して、キーワード個別の推移をみていきましょう。日付の選択はページの右上にある日付部分をクリック。

クリックすると、3ヶ月分のカレンダーと、選択された範囲が表示されるはず。表示されれば、何月何日から何月何日までのデータが見たいのかを、カレンダーの日付をクリクして選択します。

さらに、上部のグラフのメモ機能と合わせて使えば、何月何日に何をして、どのキーワードがどのようになったかを可視化してみることができますよ。

5.項目と数字の意味

Googleアナリティクス 項目と数字の意味

検索キーワードのチェック画面には、『検索クエリ』『クリック数』『表示回数』『クリック率』『平均掲載位置』と項目が別れています。それぞれどのような意味の項目なのでしょうか。

検索クエリ

検索クエリとは、ユーザーがGoogleで検索するときに入力した文字のことです。この検索クエリを見て、自分のサイトがどんな検索キーワードで検索され、ユーザーに見られたかを知ることができます。

クリック数

クリック数は、Googlebで検索したユーザーが、自分のサイトに入ってきた回数を表示しています。注意してほしいのは、あくまでも人数ではなく回数です。つまり、一人のユーザーが5回入った場合、数値は5となります。

表示回数

表示回数は、Google検索でユーザー検索し、ユーザーが見たページに自分のサイトが入っていれば1としてカウントされます。注意点として、ユーザーが検索したとき、自分のサイトが10位(1ページ目)で、ユーザーがスクロールせずに5位までしか画面に表示されていなくても、表示1回としてカウントされます。しかし2ページ目移行になった場合は、検索はされていてもカウントは0となります。

クリック率

クリック率は、上の項目『クリック数』を『表示回数』で割った数です。表示された場合どれほどの確率でクリックされるかを判断します。クリック率が低い場合は、タイトルを変更したりするのも一つの手ですね。

平均掲載位置

平均掲載位置は、該当する検索クエリがGoogleで検索されたときの平均掲載順位になります。この平均というのが特殊で、アナリティクスではこのように説明されています。

特定の検索クエリに対するウェブサイトの平均掲載順位。たとえば、サイトの掲載順位がある検索クエリでは 3 位、別の検索クエリでは 7 位だった場合、平均掲載順位は 5 位((3+7)÷2)になります。

例を挙げると、『ブログ おすすめ』という検索クエリですが、その中に『ブログ オススメ』が入っていたり、『blog おすすめ』が入っていることもあるのです。その平均をさして、平均掲載順位としています。

SEO対策

Posted by nishida