アフィリエイトの収入比較と高額収入を得る方法

マーケティング

アフィリエイト 収入

「アフィリエイトは誰でも稼げる!」「上手くいけば月収100万円はざら!」そんな話を聞くけど、本当にそんな上手くいくの!?そう思っている人も多いはず。WEB広告業界を長年見てきた正直な回答はズバリ、アフィリエイトだけでで月収100万円以上稼ぐ人たちは沢山います!しかし、その何千倍の人がほとんど稼げずに消えていっているのも事実。そこで、アフィリエイトの収入事情を知りたい方々のために、高額収入を得ている人の割合や、どんなジャンルのアフィリエイトで、どれくらいの収入を得ることができるのかを比較してみました。

収入やジャンルのの比較

実際にアフィリエイトの収入はどれくらいあるのか、そしてどんな案件で収益を得ている人が多いのか、調査結果をグラフにまとめてみました。最初に、稼げている人と稼げていない人の『収入割合の比較』とを紹介し、次に、どのジャンルが稼げるのか『案件別収益性の比較』を紹介していきます。

1.収入割合の比較

先ずは収入割合の比較から。下の表は、アフィリエイターの収入とその収入に達している人が全体の何割ほどいるかを表しています。

そして表を見ると、『月収 0円』がなんと全体の37%!調査できなかった方を含めれば、更に多くの人が、ほとんど収益を上げることができずに挫折していることでしょう。

逆に、月収100万円以上になる、高額収入アフィリエイターは全体の4%ほど、1,000万円以上になると、大手企業並みの収益となり、アフィリエイターでそのラインまで行く人は現在ではほとんどいません。

これでアフィリエイトは稼げるって言えるの!?と思うかもしれませんが、いまやアフィリエイトをしている個人は、全国に何万人といます。その中4%であれば、全国には何百人~何千人という方々が月収100万オーバーのアフィリエイターとして存在しているんですよ。

月収 1000万円以上 0.01%
月収 100万円以上 4%
月収 50万円以上 7%
月収 30万円以上 12%
月収 15万円以上 17%
月収 5万円以上 23%
月収 0円 37%

この表とは逆に、その数値が高くなると共に、高額収入アフィリエイターの割合が高くなるものがあります。それは、アフィリエイトサイトやブログの運営年数。

運営年数が長くなれば長くなるほど、高額収入アフィリエイターの割合が大きくなるんです。理由は、アフィリエイトで収益が0から1になるまでの期間にが関係します。

アフィリエイトを初めて、3ヶ月から半年以上は、Googleにも評価されず、集客もままならない人がほとんど。半年経つころにようやくGoohleから評価され、ユーザーが少しずつ集客できてくるのです。

ほとんどの人はその間に挫折し、サイトと向き合わなくなったり、運営を辞めてしまうことも。逆に諦めずにコツコツと続けていれば、最低でも月収5万円、上手くいけば50万円以上を手にすることができますよ。

案件別収益性の比較

続いて、案件ジャンル別の収入はどの程度のものなのか。これから新規サイトを立ち上げる方には、とても興味がある内容だと思います。

とは言え、収入と一括りに言っても金額では比較がしにくい。そこで、収益性の高さとサイト作成の難易度をレベルで比較してみました。表では人気案件のジャンルと、その案件の収益性・難易度を★で表しています。

★が多くなるほど、収益性・難易度は高くなり、★が少なくなるほど低くなります。先ずは表をご覧下さい。

案件/比較 収益性 難易度
金融 ★★★★★(5.0) ★★★★★(5.0)
美容 ★★★★☆(4.0) ★★★★☆(4.0)
ダイエット ★★★☆☆(3.5) ★★★☆☆(3.5)
ペット ★★★☆☆(3.5) ★★★☆☆(3.5)
保険 ★★★☆☆(3.5) ★★★★☆(4.5)
情報商材 ★★★☆☆(3.0) ★★★★☆(4.0)
旅行 ★★★☆☆(3.0) ★★★★☆(4.0)
自動車 ★★★☆☆(3.0) ★★★★☆(4.5)
不動産 ★★☆☆☆(2.0) ★★★★★(5.0)
リクルート ★★☆☆☆(2.0) ★★★★★(5.0)

この表のように、ジャンルにより、収入を上げやすい案件もあれば、上げにくい案件もあります。しかし、収入が上げにくいからといって、稼げない案件という訳ではありません。

基本的にWEB広告で稼げない案件はありません。稼げる人はどんな案件でも、50万円以上は稼ぐのです。

では何故このグラフで『リクルート』や『不動産』の収益性が低いかというと。それは、競合の強さにあります。

リクルートや不動産といったジャンルは、TVCMをも出すような大手企業が参入していて、個人アフィリエイターで取れるキーワードに限界があり、個人では収益を上げるのがとても難しいのです。

では個人でも収入を得やすい案件TOP3には、どのような特徴があるのでしょうか。上位3つの詳細を紹介しようと思います。

1.金融

収益TOPの『金融』のジャンルは、クレジットカードなどのローン案件や、FXや仮想通貨の投資など、幅広い案件があります。サイトを作る際には、金融の基本知識から、各社の比較や、初心者のためのHowtoまで、多岐にわたる知識が必要とされます。また、強豪も多いため、初心者から始めるには、とても難易度が高い案件となります。ですが、広告主の出す報酬単価は高く、ユーザー需要も大きい案件のため、とても収入の得やすい案件と言えます。

2.美容

美容のジャンルには美容グッズや化粧品からサロンまで、女性の美に関する様々な案件があります。競合サイトには『@コスメ』や『美的』などの超大手サイトから、主婦が作る『使ってみた系』のサイトまで幅広くあり、強豪の多さに比べて難易度はやや低めです。自分に合った案件を探して、自分の色を出したサイトを作り、女性の共感を得ると、収入も高くなりやすいですよ。

3.ダイエット

ダイエットのジャンルには、ダイエットグッズ・ダイエット食品・エステなどの案件があり、案件数もとても豊富です。競合には美容のジャンルと同様に、美を目的とする女性をターゲットとするアフィリエイターがひしめき、沢山の商品の中から人気の商品やおすすめの商品を紹介するアフィリエイトメディアが多く見られます。

そんな強豪がひしめく中、商材となるダイエット食品やダイエットグッズは、次々に新しいものが出ているため、美容よりも新規メディアが参入しやすいという、メリットがあります。

稼ぐ方法

ここまで見て、実際に「アフィリエイトをやってみたい!」「稼ぎたい!」という人や、「ずっとアフィリエイターをしているけど、ここで紹介しているように稼げない。」という人がいると思います。では、アフィリエイトで高額な収入を得るにはどうしたら良いのでしょうか。

実は、実際に高額な収入を得ているアフィリエイターがやっていることは当たり前のことが多いんです。しかしそれができていない人が多いからこそ、途中で挫折してしまうことも。

初めてアフィリエイトサイトを作る方や、長年やっても上手くいかない人は、下に挙げるものを参考にしてみて下さい。

毎日続ける

アフィリエイトサイトで収益が出ない人の多くが、記事を書き続けることに挫折して、収益が上る前に辞めてしまう人たちです。たった1人でやり続けていても、多いときには月間60記事以上を執筆するアフィリエイターがいます。

そんな強者がひしめく中、1週間に1記事~1ヶ月に1記事では収益が上がるはずもありません。アフィリエイトで収入を増やす第一条件は、記事を書き続けることなのです。

競合他社を凝視する

競合他社を凝視するということは、表面ばかり見たり、真似するという意味ではありません。自分の狙うキーワードで検索してみて、上位のサイトに足りないものや、自分に欠けているものは何かをしっかりと分析・考察して、Googleが求めているものを見つけ出すのことが重要なのです。

「Googleが求めているものを見つけ出す」。言葉では簡単に言えても、それがなかなか難しいのもしかり。しかしそれは、アフィリエイトをやっている全ての人が同じ。つまり、自分にも他の人と同じだけのチャンスがあるということなのです。

反則をしない

『反則をしない』というのは、Googleからペナルティを受ける可能性のあるブラックハットSEOを行うことだけではありません。アフィリエイト商品を購入するユーザーを騙すような行為を行わないことも大事なのです。

アフィリエイトサイトを運営していると、SEOを上げることばかりに意識が行ったり、収益のためにユーザーを混乱させる記事を書く人も。するといつの間にかユーザーは離れ、Googleからも評価されなくなってしまいます。ユーザーが見やすいく、ユーザーに良いサイトを作れば、自然とGoogleからの評価も上がってくることでしょう。

マーケティング

Posted by nishida